先日 近くの公園で子供と遊んでいたら
すごい速さで車が走ってきて
私たちの3メートル目先にある木に激突しました。

どっかーんと音がして煙モクモク…。
何も考えられず私は娘を抱きしめたのですが。
隣にいたママさんはしっかり救急車に連絡してました。

幸い運転してたおばさんに目立ったケガはない様子。
木と柵は大破して隣に並んでた車は4台玉突きでしたが。
おばさんはブレーキが故障したと話してました。(((( ;゚д゚)))

事故を見てから数時間は頭が回りませんでした。
目撃するだけで
こんなにショックを受けるとは思ってなかったです。

一番 頭をグルグルしてたのは娘のこと。
ちょうど公園に行く時、娘が手をつながないと言い張り
“手をつながないと車にひかれるよ!”と注意したばかりでした。
でも、車が突っ込む場面を見て
“手をつないでも これにぶつかってたら即死だった…”
“もし娘があっちで遊んでたら…”という気持ちになって
命の儚さ、無力さに対する恐怖が込み上げてきました。

2koma0616

これで本当に人が亡くなったりしてたら
トラウマになってたかもな、と思います。

それとともに、
災害や事故を間近で目撃した人々は
どれほど辛かったろう…と心が重くなりました。

でもブログ書いてるうちに
気持ちが整理されてきました;;
週明けからこんな話で申し訳ありませんが(´;ω;`)

今週はいいことが
たくさんありますように。
また明日。


<ランキング参加中>
応援してね^^↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング