熱帯魚を飼い始めて1年以上になります。

去年の春ごろ小さな金魚鉢で3匹を飼い始めたのが始まりです。

途中で違う種類のを2匹追加したのですが、

折り合いが悪く、追加した2匹が元いた3匹をイジメ殺してしまいました。

7CD3DE06-DCD1-4E24-AA06-207DD1F128DF

個人的には最初の3匹が可愛かったため、死んだときショックだったのですが

娘は全然平気;;

次のを買いたくて仕方ないって感じでした。

ドライだな~とは思いましたが、確かに熱帯魚に感情移入は難しいかなという気もしました;;




その後、残りの2匹は秋ごろに死んでしまい、飼い方を見直して(ポンプなども揃えた)

冬に新たに5匹ほど買い始めました。

しかし、寒い冬を超えて春を迎えるころ、そのうち1匹がまた死んでしまったのです;;

あららーと思ったのですが、ビックリしたのは娘の反応の変化。

97603DAB-D5C7-497F-A86D-787A8ADF3903


目を真っ赤にして泣きじゃくる娘。

前の時とは大違いΣヾ( ̄0 ̄;ノ

”生き物が死んだら泣くもんだ”と思い込んでるような節も…

こういうのを社会化というのかな??1年間で変わるもんですね。

逆に私は慣れてきたのでドライになったんですが…

ふーむ…非常に興味深い出来事でした。





P.S.

日本から送ってもらったアーモンド小魚がおいしくて、

毎日バカバカ食べてたのですが

熱帯魚の死骸と非常にそっくりなことに気づきビックリしました…

おいしいから食べてますけどね…

死んで泣かれる熱帯魚とボリボリ食べられるイワシ…

お金で購入するカブトムシとお金をかけて駆除するゴキブリ…

アイロニーですよね……





ではまた。




<ランキング参加中>
応援してください^^↓


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキング